ドライアイに良い目薬の選び方

ドライアイに良い目薬の選び方について

ドライアイに良い目薬の選び方

ドライアイに良い目薬の選び方眼科でドライアイの治療をする場合も、基本的に点眼薬を使用した薬物療法です。

 

市販の目薬でも、ドライアイの改善になります。

 

ただ、その際の目薬選びは重要です。

 

ドラッグストアなどの目薬コーナーは多種類あり、どれがいいのか迷ってしまいませんか。

 

目薬選びでは、今ある症状に効くものを見分けることが大切です。すなわち、ドライアイにはドライアイに効く目薬を選んでください。

 

まず、目薬に「防腐剤」が使われていないかをチェックしてください。目薬のほとんどが開封後の品質を保つために防腐剤を使用しているものが多いです。

 

しかし、ドライアイの場合は敏感な状態なので、防腐剤が刺激になってしまいます。ですから、防腐剤が入っていないものを選びましょう。

 

防腐剤不使用を前提に、ドライアイに良い成分配合の目薬を選びます。ドライアイには「塩化ナトリウム、塩化カリウム、コンドロイチン硫酸ナトリウム」が有効成分です。

 

その他、今ある症状に効く成分配合のものを選びます。疲れ目なら「メチル硫酸ネオスチグミン、ビタミンB12、L−アスパラギン酸ナトリウム」、充血には「塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン」が効果的です。

 

以上の成分を参考に目薬を選んでみてください。また、コンタクトレンズを使用されている方は、コンタクト用のものを選びましょう。

多くの方が悩むドライアイ対策にオススメのサプリメントランキング

めなり

ドライアイに良い目薬の選び方


めなりは目のさまざまなトラブルに対応したマルチなサプリメントです。もちろん、ドライアイケアにも。


黒せちにゃルテイン、ビタミン、ミネラルなどバランスよく有効成分を配合しています。目に良い代表的な有効成分であるルテインは12mgも配合されています。


目のかゆみやピントが合わないなどのお悩みにも。今なら30日分が980円です。


申込みはこちら

ルックルックベリー

ドライアイに良い目薬の選び方


目に良いベリーのサプリメント。ルックルックベリーでは、ブルーベリーより有効成分が多いと話題のビルベリーやアサイーを使用しています。


有効成分のアントシアニンが豊富で、他にもビタミンAやメグスリノキ、DHA・EPAなど目に良い成分が凝縮されています。


申込みはこちら

やわたの北の国から届いたブルーベリー

ドライアイに良い目薬の選び方


俳優さんも愛飲中と話題の目に良いサプリメントです。北ヨーロッパで育ったビルベリーを使用。なんと、1,800粒分のアントシアニンが1袋に詰まっています。


その他、メグスリノキやβカロテン、マリーゴールド、カシスエキス、DHA・EPA、コエンザイムQ10など、相性ばつぐんのサポート成分が充実しています。


申込みはこちら

小林製薬のブルーベリー&メグスリノ木セット

ドライアイに良い目薬の選び方


製薬会社クオリティのサプリメント。小林製薬が販売してる、ブルーベリー&メグスリノ木セットでは、目に良い成分を処方しています。


メグスリノキのフェノール配糖体・エピロードデンドリンが有効成分で、さらにアントシアニンやDHA・EPAを配合しています。


申込みはこちら